言霊アート

マリア・デュオ

画と書のコラボレーション展。
いつもの私たちの展覧会会場で同時開催として、ネパールの子供たちの絵を展示します。



ネパール支援チャリティ絵画展
画と書のコラボレーション展&ネパールの子供達の絵
(絵:菅原しのぶ 書:藤森洋子)
2015年1月26日(月)〜1月31日(土)
時間11:00〜18:00(最終日17:00迄)
画廊 宮坂
(中央区銀座7-12-5銀星ビル4階/03-3546-0343)


銀座で40年続いている由緒ある画廊 宮坂での展覧会です。

今回ネパールの音楽院(無料で貧しい子供達に音楽を教えている学校です)で学ぶ子供達と、
スラムや孤児院の子供達にマリア・デュオのCDを流しながら、絵を描いてもらいました。
音楽をテーマにした絵画です。
子供の絵の売り上げはネパールの音楽的な支援に使う予定です。
(楽器の購入費、日本で集めた中古楽器の郵送費などに使います。)

またマリア・デュオの絵画の方は、
菅原しのぶが絵を描いた中に、
藤森洋子が小さな1,2ミリ程度の大きさの文字で般若心経を書き込んでいる、二人の合作です。
大変珍しい絵画として話題になっています。
その売り上げの一部もネパールへ寄付いたします。

どうぞたくさんのご来場おまちしてます!



2014年1月 宮坂画廊
2014年1月 宮坂画廊

●言霊アート展

2012年2月1日(水)〜2月10日(金)

池袋 耕路 階段ギャラリー

 

素敵な喫茶店の階段での小さな展示です。

お茶を飲んでゆったりして、そして絵画を楽しんでください。

 

●言霊アート展

2012年5月23日(水)〜5月28日(月)

池袋画廊 

 

 

 

 

マリア・デュオの2人、菅原しのぶ(天野詩之歩)が絵を描き,その画面の中に,藤森洋子(山口ようこ)が般若心経を書き入れた珍しい作品。

ヒーリング効果があるとして、人気急上昇中。

 

 画家・天野詩之歩(あまのしのぶ)と書家・山口ようこ(やまぐちよう こ)の共作。

 

 画家と書家の共作に、どんな意味があるのか疑問をもたれる方もおありでしょう。 言うまでもないことですが、絵画と書は、表現の形は違っても自己の内  面を見つめ紙の上に表すという共通点があります。

同じよう に、あらゆ るものはかけがえのない個性を持つと同時に、共通点、関係性をもって この世界に存在しています。ふたりは、互いへの 信頼とつながりを示す共作という創作形態を選びましたが、その根底にあるのは「人はそれぞれかけがえのない、ただひと つの命だけれど、同時に全ての人間、さらに宇宙の全てが分ちがたく繋がり合っている」という世界観です。

 

 つきつめていくと、そこにはおのずと強い愛と感謝の念が沸き上がってきます。

 ふたりの作品が「見る者の心を癒し、問題解決の糸口を与えるアートセラピー的な効果を持つ」、さらに一歩進んで「タリズマニッ クな(まる でお守りのような)安心感を与えてくれる」などと評価されるのは、そ のような世界観ゆえでしょう。

 

  天野詩之歩の描く画には、安らぎ、希望、感謝などの想いがあふれ、そこに山口ようこの明るさを持つ深い祈りのこもった書が加わることで、 より強いメッセージ性とパワーを持った作品に仕上がっています。深い自己表現は、他のかけがえのない命と出会い、繋 がってこそ完成します。言い換えれば、唯ひとりのかけがえのない見る人と出会ってこ そ、作品は真の命を持つのです。



 

●言霊アートとは

 

画家天野詩之歩の霊的な絵の中に、書家山口ようこが般若心経という「言霊」を書

き加えて、2人で仕上げた画期的なアートです。絵を見つめていると、絵画の持つ

パワーと言霊の誘いによって深い沈黙の世界に引き込まれ自己の内面との対話が出

来ると好評を得ています。

 

●言霊

 

言葉には万物創造の力があります。人が何かを意志して言葉を発するとき、それは

力を持って実現します。それが言霊といわれるゆえんです。 言霊とは霊的な力を

持つ言葉のことです。

●般若心経

絵の中には般若心経が書かれています。絵の一部と化していますので、すぐにはわ

からないことでしょう。
般若心経276文字の中には心真理が語られており、言葉自体に大きな力がありま

す。それが絵自体のエネルギーとの相乗効果によってはかりしれないエネルギーを

発揮するのです。良いものは良いものを呼んで更に増幅させる作用があるのです。

言葉によって世界は出来た。言葉には霊力が備わっています。良い言葉には幸運を

招く力があり、悪い言葉には不幸を招く力があるのです。言葉それ自体は善悪を問

わずに発せられた言葉を純粋に実現するのです。般若心経は究極の言霊だといえま

す。

●タリズマン効果

タリズマンとはお守りの様なものの事です。持っていると良い影響を受けて、あな

たの運気が高まるものの事です。毎日目に触れる絵には大きな力があります。毎日

見つめることによって、良いバイブレーションを発するものを掲げることによって

、あなたの人生に良いことがおきてくることでしょう。
正しい波動を発するものを身近に置くことは、あなたの人生を肯定することなので

す。絵はあなたの人生の支援者です。

 

 

 

毎日言霊アートを見ていると、なにかの気づきの手助けになるかもしれません。生

きる力がわいてくるでしょう。
心の底からの感謝の涙があふれてくるかもしれません。そこに神を感じるかもしれ

ません。言霊アートはあなたの人生の羅針盤かもしれません。ぜひ言霊アートをあ

なたの隣に置いて、人生の供としてください。

 

 

 

 

 

 

No.2022 夢宙(ゆめそら)つむぎ続ける物語
No.2022 夢宙(ゆめそら)つむぎ続ける物語

 

 2009年の案内状はがきです。

毎回違う絵柄の案内状を差し上げています。

これをコレクションなさる方もいらっしゃいます。

これを額縁に入れたり、

お守り代わりにパウチッコして財布に入れたりしている方もいます。

 

絵をじっと見つめてください。背景に般若心経が書き込まれているのが分かりますか?小さく、薄く般若心経が聞こえて来ませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言霊アート 展覧会

 

 

● 2005年 東京 (池袋画廊)にて、『イラストと文字のコラボレーション展』開催。天野の絵に山口が般若心経 などの書をのせて、ひとつの作品を形作る。見る者に癒しの効果を与えるタリズマニック・アー トとしても好評を博す。

●2006年6、7月長崎(ハウステンボス美術館)

●8月東京(東池袋NSギャラリー)

●10月福岡(ギャラリーおいし)にて「画と書と音のコラボレーション展」開催。

2007年には「言霊アート」展として各種行事に出展し大好評を得る。

●2007年3月健康博覧会(東京国際展示場、東京ビッグサイト)

●2007年4月第25回東京すぴこん出展(国際ファッションセンター)

●2007年6月第7回横浜すぴこん出展

●2007年7月癒しフェアvol.4出展

●2007年9月第4回もの作りビッグギャラリーモノ・クリエイション出展(東京ビッグサイト)

●2007年12月~2008年2月長崎(ハウステンボス美術館)

●2008年6月 東京 (池袋画廊)

●2008年8月長崎(ハウステンボス美術館)

●2008年10月長野長命寺

●2008年11月高野山別格本山持明院

●2009年6月東京 (池袋画廊)

●2010年12月東京 (池袋画廊)


 

2009年 池袋画廊にて 左)山口ようこ 右)天野詩之歩
2009年 池袋画廊にて 左)山口ようこ 右)天野詩之歩

すがわらギター&ウクレレ教室ブログ

菅原しのぶと、マリア・デュオのつれづれなるままに書いています。

ほぼ毎日更新しています。

見てくださいね。

 

What's New

 
  • 2017年7月2日いろいろ更新しました。