イメージの力

イメージすることが大切なのは、色々な所で言われていることですが、

演奏においても本当に大事だなあと

昨日のレッスンで実体験しました。

 

メロディをもっと滑らかに演奏するために

「よせては返す波をイメージして」

「長〜〜いリボンがひらひらはためいているように」

 

すると本当にメロディがなだらかになるのですね。

イメージした瞬間に変化する。

本当に面白いです。

 

皆さん、演奏する時にはつい脱力とかポジションとか次の音は、とか

そう言うことに注意が行きがちですが、

演奏にちょっと余裕ができたら

やはりまずはどう弾きたいのか、イメージしましょうね。

身体はあなたのイメージに忠実に表現してくれますね。

 

 

すがわらギター&ウクレレ教室ブログ

菅原しのぶと、マリア・デュオのつれづれなるままに書いています。

ほぼ毎日更新しています。

見てくださいね。

 

What's New

 
  • 2017年7月2日いろいろ更新しました。